コインチェック評判とは!初心者が知っておきたい9つの魅力

coincheck-matome

仮想通貨取引「COINCHECK(コインチェック)」とは?

CMを見たけどどういうサイトかはイマイチ!なんて人は必見です。

ビットコイン・アルトコイン取引から、直接的な取引以外でもビットコインを貯める方法まであるコインチェックの本当のオススメ理由を知っていきましょう。

スポンサーリンク

COINCHECK(コインチェック)とは!基本情報まとめ

 ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
運営会社 コインチェック株式会社
設立 2012年8月28日
資本金 9,200万円
登録 無料
※仮口座はメールアドレスだけでOK
取り扱い仮想通貨 BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XMR、REP、XRP、
ZEC、XEM、LTC、DASH、BCHなど
コンテンツ 取引所、レバレッジ取引、貸出、クレカ決済、でんき
入金方法 銀行振込、コンビニ決済、ペイジー決済
※クレジットカードでの買い付けも可能(BTC、MONA)
年齢制限 未成年者も登録が可能
※未成年者の場合は親権者同意書が必要
備考 仮想通貨交換業者ではまだない(申請中 12/1 最終調整)
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会 監事
一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会 正会員
一般社団法人FinTech協会 会員

コインチェックのCM放送について【取引アプリNo.1】

どっちも出川哲朗さんですね。

ビットコインのCMをやってるのですが、出川さん自体はビットコインの意味を分かってないというのも別番組の放送で言っていましたが「それが普通」だと思います。

これは株やFXもそうですね。
名前は知っていても、厳密に「何か」をよく分かっていないのが当たり前です。

取引の仕方から何が取引できるかまでは知らない事も多いです。

仮想通貨の場合は、より深く知っていれば「将来性という部分も加味した取引も可能」となります。

それぞれ異なった技術や将来性があるため「今後どれが値上がりするの?」という部分も、どの技術が元でどのような事に使われるか想定出来れば予想もしやすくなります。

  1. BTC
  2. ETH
  3. ETC
  4. LSK
  5. FCT
  6. XMR
  7. REP
  8. XRP
  9. ZEC
  10. XEM
  11. LTC
  12. DASH
  13. BCH

BTC=ビットコインは分かっても、おそらく殆どの人は「何の略称?」と思うはずです。

「それぐらい知らないでも始められてしまうのが仮想通貨取引」となります。

これらは全てコインチェックで取り扱いがある仮想通貨ですが、それぞれ何に使えて、どれだけ時価総額があるのか、今後「何に需要」があるのかなど知っておくのが大事!

ただ、株式やFXもそうなのですが、知らなくともチャートを見て値動きだけに着目した投機も可能です。

CMを紹介しましたが実際見ていて、何も知らない初心者の場合は、兄さんちゃんと教えてよ!となりそうな内容でしたね。

コインチェックのCMを見てもNo.1なんだろうなぐらいしか読み取れなかったはずです。
※だからこそ、こうやって実際に調べてくる人が出て来るんだろうなと予想はしています。

「なぜコインチェックが良いのか」という部分を次からより掘り下げて行くので要チェックです。

コインチェックのCM
【CM】コインチェックは「地上波CM」をやるぐらいに力を入れている

COINCHECK(コインチェック)の9つの魅力【CM放送】

item-check

  1. 【運営】コインチェック株式会社
  2. 【画面】取引画面が非常に見やすく分かりやすい!
  3. 【CM】出川哲朗さんも出演しているCMで話題!
  4. 【年利】最大年利5%での預入も可能
  5. 【種類】仮想通貨の取り扱いは13種類と非常に多い
  6. 【電気】Coincheckでんきでビットコインが増える(1~7%)
  7. 【保証】盗難補償が最大100万円まである(2段階認証必須)
  8. 【対応】ハンドルカード(VISA)に対応しているため実店舗決済が可能
  9. 【締結】警視庁とのサイバー犯罪に対する共同対処協定の締結

魅力がが多いので上記の中でも特に重要な要素を説明していきます。

コインチェックをやろうと思う人は「預入」が出来るなど、何かしら魅力に感じた部分があったからでしょう。

特に注目したいのが「トレードってどうするの?」という初心者も見やすい画面こそが最大のメリットであると言えます。

運営の信用・信頼度を高める要素も多いですので、その辺りもしっかりチェックですね。

【取引画面】初心者向け

13種類の取引にマーカーを引いていますが、取引の種類の多さは「初見での取引どうするんだ」にも直結します。

そのため、取引画面の直感的なわかりやすさは大事です。

「怖いけど、仮想通貨取引始めてみよう」と思った人が「取引画面で戸惑う」という事はそれなりにあると思います。

どうやって取引すれば良いんだ…使い方が良くわからない。

「株やFX」といった今まで取引をやってこなかった人にとっては、見やすく直感的に分かりやすい所から始めるべきです。

そういう意味ではコインチェックは「ビットコインと多くのアルトコイン取引のデータ」も見れるため勉強しながら利用する事が出来ます。

逆に株式・FX等に慣れている人であればこそ「アルトコインの種類の多さ」が効いてきます。

【CM・協定という実績】

ビットコインというか仮想通貨自体は怖いモノというわけではありません。

要はその取引で得する人損する人、そして悪用する人が出ているわけです。

ただ、取引に関してもう1点ネックなのが「取引する場を提供している会社が安全かどうか」です。

そういう意味では「地上波でのCM」を実施出来たコインチェックは信用・信頼性において一段上の会社である事が分かります。

何より、警視庁との協定を結ぶ程度には「サイバー犯罪に対する対処」を心掛けている会社であるというのも分かります。

ビットコイン取引所でもアプリの使いやすさは
非常に優秀なのが「コインチェック」

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

コインチェックのメリット
【総評】取引画面のみやすさも良く、アルトコインの種類も多く全体的に初心者向け

COINCHECK(コインチェック)のデメリット

woman-tesuuryou-doru

  • クレジットカードの手数料が大きい
  • 運営の資本金は他社と比べれば少なめ
  • まだ仮想通貨交換業者登録の登録が審査中(申請はしている)

このクレジットカードの手数料が大きいに関しては、他社でも非公開であったりと結構取ってくるのでコインチェックだけに関わらずとなります。

基本は、銀行からの入金といった方法で、資金を入れておきましょう。

何より不正出金による保証サービスが「あるため安心できます」

この時注意したいのは「必ず2段階認証」をしておきましょう。
でなければ対象外となるためです。

問題というほどではないですが、資本金は9,200万円と他と比べれば少なめですね。

すべての会社は取り扱っている仮想通貨の価値で考えれば大幅に資本金を上回るため、少ないよりかはあったほうが良いがそれほど気にしても仕方ない。
※資本金があればあるほど、いろいろな事が出来るが安全性のバロメーターではない

どちらかと言えば「仮想通貨交換業者」の認定がまだ通っていない事の方が重要!

地上波CMもやっている事から、ビットコイン事業への力の入れ方はかなりのものです。

ただ、通らない事には話になりません。

コインチェックのデメリット
【デメリット】仮想通貨交換業者にはまだ通っていない(12/15)
※2017/12/1のプレスでは最終調整となっているため通りそうか?

コインチェックの目玉コンテンツ【仮想通貨の貸出】

item-hukuri-okane

大前提として「貸出をするなら今後値上がりすると予想した仮想通貨を選択しましょう」

  • ビットコイン以外の全ての仮想通貨に対応

ビットコインは1年ずーっと預入するのはちょっと怖い。

でも今後値上がりするだろうと思って買った仮想通貨なら預けても良いかな?と感じたならオススメです。

公式サイトに「利用料計算シミュレーター」があるので、そちらを参考に計算してみてください。

コインチェックの目玉コンテンツ
【貸出】コインチェックでは預入で年利が最大5%にする事が出来る

コインチェックで預け入れられるコインの種類

積立対象 備考
【BTC】ビットコイン 仮想通貨と言えば、ビットコイン
時価総額約30兆9,319億円
時価総額で1位
【ETH】イーサリアム 時価総額約7兆9,997億円
時価総額で2位
【ETC】イーサリアムクラシック 時価総額で14位
【LSK】リスク 最大発行量が無限
時価総額で21位
【FCT】ファクトム 時価総額で50位
【XMR】モネロ 時価総額で11位
1年で約20倍になった
【REP】オーガ 時価総額で39位
【XRP】リップル 時価総額で4位
【ZEC】ジーキャッシュ 時価総額で20位
JPモルガンが採用
【XEM】ネム 一部の採掘者に報酬が偏らないよう設計された初の暗号通貨
時価総額約5,502億円
【LTC】ライトコイン 時価総額で5位
【DASH】ダッシュ 時価総額で7位
【BCH】ビットコインキャッシュ 時価総額で3位
コインチェックの積立対象
【対象】現在は13種類、今後預入期間が終わった時に値上がりすると予想したもの預入
【時価総額】調査時の時価総額と順位になります

COINCHECK(コインチェック)の貸出期間について

日数 年利
14日間 1%
30日間 2%
90日間 3%
365日間 5%
コインチェックの貸出期間
【最大】1%~5%までの年利が期待出来る

コインチェックでは「レバレッジ取引」が出来る

fx-torihiki

  • 【最大】レバレッジは5倍まで可能
  • 【追証】なし
  • 【ロスカット】50%を下回った場合、強制決済される場合がある

あなたの資金を最大5倍で運用する事が出来ます。

基本的に上級者向けですね。

ロスカットも50%以下で強制決済の場合があるので、一概にオススメというわけでもありません。

あなたが上がるまたは下がると予想した仮想通貨に対して資金を5倍投入したいと考えれば有効です。

そうした大きなリターンを期待したい所ですが、証拠金が十分でない場合は注意です。

「上下の振れ幅がでかい仮想通貨において、買いで入ってロスカット後に急激に上昇する」なんて事はありえます。

そうならないためにも証拠金は十分に用意する事と、あなたのリスク管理を徹底した投資資金内でやる事をオススメします。

追証はないのですが、50%とロスカットは高めの設定なので保証金の額には気をつけていきましょう。

コインチェックのレバレッジ取引
【メリット】最大5倍というレバレッジ取引が可能、追証なし、取引の種類が多い
【デメリット】振れ幅がでかい仮想通貨取引だからこそ「ロスカット」を最大限考慮
【オススメ】最大5倍の資金運用を効率よくしたい人向け

COINCHECKでは「即購入」も可能【クレジットカード】

購入対象 全て
クレジットカード VISA、MasterCard、JCBが対象
3Dセキュア
入金金額 本人確認が完了していれば最大100万円分まで
手数料 必要

クレジットカードを使う事で「即仮想通貨を買い付ける事が可能」です。

JCBも対応しており、ビットコイン以外のアルトコインも表示されている全てを買い付ける事が出来ます。

ただし手数料が掛かってくるのでそこは注意ですね。

基本的には銀行入金などをしておくのが賢いです。

ただ、「急激な上昇時などは存在するのでそのタイミングに購入をする」といった方法を使う事で「手数料以上の大きなメリット」があります。

他にも、手元にないお金分を後に補填出来るのであればクレジットカードで買うのも手でしょう。

しかし、それはリスクがある手法なので、必ずあなたが飲める範囲のリスクまでの入金をしておきましょう。

もし、クレジットカードを持っていない場合はある意味でチャンスです。

クレジットカードを作るなら結局どれって人が見たらお金が増える!?
クレジットカードを作る時、何でも良いんだけど出来れば1番合うのが良いよねって感じの人になら間違いなくおすすめな比較方法があります。 もちろ...
クレジットカード支払い
【メリット】あなたの好きなタイミングで多くの仮想通貨を即購入が可能
【デメリット】手数料が必要
【タイミング】急激な値上がりが予想出来た瞬間

バンドルカードについて

バンドルカードというのは、ビットコインを円建てでチャージする事が出来る「ビットコインVISAカード」です。

コインチェックとの提携により、ビットコイン決済を事実上VISA加盟店ならだいたいどこでも出来るようになっています。

何より関東財務局とVISAからも承認を得ているようで「永続的に提供出来るようになっています」

バンドルカード
【メリット】VISA加盟店ならどこでも決済が出来るようになる
【デメリット】確定申告的な意味で、チャージ時に課税(雑所得)になるはず

コインチェックでんきでビットコインが貰える

item-denryokujiyuuka

コインチェック電気では

  • 電気代をビットコインで支払う事が出来る
  • ビットコインをもらえる「ビットコイン付与」(1%~7%)

この2種類のプランを利用する事が出来ます。

特に、付与に関しては電気料金の1~7%が、ビットコインとしてCoincheckウォレットに毎月貯まります。

もし、やるとしたらビットコイン付与の方が現状はオススメとなります。

ただ付与率や付与条件に関しては各提携会社によって異なります。

北海道電力圏内 30A:1% 40A:4% 50A:6% 60A:7%
東北電力 圏内 40A:3% 50A:4% 60A:5%
東京電力・
中部電力圏内
従量電灯B 40A : 4% 従量電灯B 50A : 5% 従量電灯B 60A : 6% 6従量電灯C : 6%
関西電力 圏内 平均使用量350kWh以上 : 5%
中国電力 圏内 平均使用量300kWh以上 : 5%
九州電力 圏内 40A : 2% 50A : 4% 60A : 5%

その他の電力会社との比較であれば

  • 通常の電力自由化で現金割引で数百円~数千円の節約を目指すか
  • 毎月ビットコインを手に入れていくか

この選択になります。

今後ビットコインが何十倍となるようなら間違いなくビットコインですね。

コインチェックでんきを使うには「コインチェック」自体の登録が必要なので、まずは公式にアクセスして登録を済ませておいてから調べていくのが良いですね。

コインチェックでんき
【メリット】ビットコインでの支払い、ビットコイン付与のシステムが存在
【デメリット】電力自由化での「乗換」の手間はある
【受取方法】コインチェックウォレットが必要なため公式の開設は必要

COINCHECK(コインチェック)にはアプリ版も存在

coin-check-apuri

アプリ 評価 レビュー
Google Play 3.8 3,922件
App store 4.4 66,549件
平均/総合 4.1 70,471件

アプリ版Coincheck ビットコイン ウォレットの場合は、上記のような評価となります。

基本的に4.0を超えてくる点で私は「アプリの中でも良アプリ判定」をしています。

Google Play版よりもApp Store版が非常に評価されている形ですね。

レビュー数も20倍近く存在しながら4.4を維持している点で非常に評価出来ます。

Coincheck(コインチェック)
Google Play&App Storeの総合平均評価:star-hyouka4.5
Google Play版:Coincheck ビットコイン ウォレット 評価  :3.8
レビュー:3,922件
App Store版:Coincheck ビットコイン ウォレット 評価  :4.1
レビュー:66,549件

COINCHECK(コインチェック)の新規登録について

  1. コインチェックにアクセス
  2. 「フェイスブックアカウント」または「メールアドレス」&「パスワード」で登録
  3. メールの場合、届いたメールの「URL」をクリック
  4. 本人確認書類の提出
  5. 各種重要事項の確認

以上でログインが出来るようになります。

実際にサクサクっと出来てしまうので説明するまでもないぐらいです。

コインチェックの新規登録
【登録】新規登録自体は非常に簡単!
【確認】完全に利用するには本人確認が必要!

COINCHECK(コインチェック)の本人確認手順について

STEP1【SMS認証】

  1. COINCHECK(コインチェック)の取引アカウントにログイン
  2. ログイン後すぐに本人確認書類の提出、各種重要事項確認が可能
  3. 電話番号認証(SMS認証)となり、下記2つが使えるようになります。
    1. 日本円入金
    2. クレジットカード

電話番号認証だけなのでさくっと済ませましょう。

STEP2

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 郵便番号
  • 職業
  • 利用目的

上記を入力後、本人確認書類のアップロードとなります。

STEP3【本人確認書類のアップロード】

  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード

上記のうちいずれかをアップロードして「本人確認の申請をする」をタップすればOKです。

【セルフィー】について補足

他社と大きく違う点がセルフィーですね。

対象の本人確認書類と自分を一緒に写す必要があります。

これは慣れていないと抵抗はあるかもしれませんが、コインチェックを確実に利用したい人はしっかりやっていきましょう。

写真写りにこだわらなければ、サクサクっと出来ます。

コインチェックの本人確認
【確認】確認完了まで1~2営業日必要
【ハガキ】そこから更に住所確認のハガキが届くのを待つ必要がある

コインチェックはマネーフォワードでも口座管理が可能

coincheck-money-

マネーフォワードといえば、家計簿アプリです。

これを導入すれば家計簿要らずで「一括で資産管理」が出来るため、なかなかオススメです。

私も使っていますが、銀行・証券会社・投資信託・電子マネー・プリペイドと本当に対応されている種類が多い!

まさしく一括で出来る資産チェックツールですね。

ただ、無料だと基本10件程度までしか登録出来ないので「仮想通貨の取引所特化にする」といった使い方が良いかもしれません。

ソーシャルレンディングなども対応済みであり、ポイントサイトなどにも対応している所があります。

例えばげん玉などがそうですね。

げん玉評判評価口コミまとめ!危険性なく安全にお小遣い稼ぎ!2018年最新版
お小遣い稼ぎをして後は放置!? 自動でポイントが増えちゃうのはげん玉ぐらい! 稼ぎ方は実に多彩、在宅ワーク系が非常に強く、無料ゲームで...

マネーフォワードへの仮想通貨登録だと、コインチェック以外にもZaifが対応していますね。

Zaif(ザイフ)評判!仮想通貨が怖い初心者も出来る「積立」でコツコツ投資生活
仮想通貨のビットコインであるBTC(ビットコイン)、アルトコインであるETH(イーサリアム)、MONA(モナコイン)、XEM(ネム)に分散投...

仮想通貨はどうしても不安!という人はこちらも合わせてどうぞ。

お小遣いアプリランキング!安全に2018年スマホで稼ぐ決定版
お小遣いアプリ、ポイントアプリどちらも同じものを指す言葉です。 その稼げるアプリは日々どんどん新しいものが出現しています。 そんな中、...

まずは「投資資金を作るなら上記からどうぞ」

クラウドファンディング・ソーシャルレンディング比較!ゼロから始める初心者の選び方
ソーシャルレンディングや融資型クラウドファンディングってどうなの? という初心者がゼロから始める一番賢い選び方を知っておきましょう。 ...

仮想通貨・株価など、値動きの上下で精神的ストレスが溜まりすぎる人はこちら

コインチェック&マネーフォワード
【登録】あらゆる資産をまとめて管理する事が出来る素晴らしいツール
【制限】無料版だと10件程度なので、仮想通貨特化といったカテゴリーでまとめる

仮想通貨取引所「COINCHECK(コインチェック)」のまとめ

woman-thankyou

コインチェックのまとめ
【メリット】豊富なアルトコイン取引、貸出の年利最大5%、電気での還元
【デメリット】仮想通貨交換業者登録が審査中な点
【保証】2段階認証等セキュリティと「盗難補償が100万円まである」

【貸出】年利最大5%の貸出の注意点は、預入期間は引き出せないという点
【取引】豊富な取引先があるため、アルトコイン取引メインなら注目したい
【電気】コインチェックでんきを使いこなせば「ビットコイン」が増え続ける

公式サイト:コインチェック

コインチェックは初心者がまず仮想通貨取引のチャートを確認したりするのに適している。

使いやすさという観点と、豊富なアルトコインの種類を常時チェック出来るメリットがあります。

特に貸出による「年利最大5%」という強みは「貸出期間中に絶対に売らない」という人にとってはかなりの魅力があります。

地上波CMや、警視庁との協定といった部分から見ても「今後も仮想通貨取引」に力を入れていく事は間違いありません。

そして、電気を使えば使うほど「ビットコインが毎月増える」のはかなり魅力的です。

コインチェックを最大限利用するなら抑えておきたいPOINTです。

ただ、気になる点はやはり「仮想通貨交換業者」に早く認定してもらって欲しいという1点ですね。

その辺りが通ったら、現状不安なく使える仮想通貨交換業者と言えます。

どちらにしても、仮想通貨投資を始めるには「どこかしらの取引所」を開設する必要があるため、選択肢が多い取引所から始めて行きましょう。

コインチェックで
年利最大5%を狙うも良し!使いやすい画面で取引するも良し!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

仮想通貨へ投資しても良い「リスクが飲める資金がない人必見」
ネット収入を生み出したお金で資産運用開始!
直接ビットコインへの交換も可能!

無料コンテンツの質・量を兼ね揃えているコンテンツの帝王ポイントタウン!
最低換金額が100円なので、初心者に優しいポイントサイトです。
ポイントタウンの攻略・評判まとめ情報
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

 

 

 

お小遣いアプリでコツコツからガッツリ稼ぎたい人は必見ランキング

お小遣いアプリランキング!安全に2018年スマホで稼ぐ決定版
お小遣いアプリ、ポイントアプリどちらも同じものを指す言葉です。 その稼げるアプリは日々どんどん新しいものが出現しています。 そんな中、...

ビットコインを元手0円から始める投資生活

ビットコインとは!購入せず無料で安全に稼ぐランキング2018版
ビットコインはよく知らないけどお金を増やしたいなんて方が居たらまずはコレを利用していきましょう。 知識がないからこそ早く始めてビットコイン...
ビットコイン積立!元手がない初心者も500円から安全に始める仮想通貨【2018年版】
仮想通貨の値上がりが凄い!今やらないと損?でもリスクも怖いし。 そんな仮想通貨初心者が、リスクを恐れないで「毎日500円ずつ積み立てる裏技...

その他のビットコイン取引所について

bitFlyer(ビットフライヤー)評判評価!1円も使わずにビットコインを無料で貯める方法【ログインボーナスでビットコインは1/26まで】
国内初の仮想通貨ビットコインの販売所であるbitFlyerとは一体何なのか。 その評価や評判をチェックし、そもそもビットコインって何?とい...
GMOコインとは!ビットコインを安全に取引するために知っておきたい情報
GMOコインと言えば、その名の通りGMOグループ運営です。 通常の仮想通貨取引所でなく仮想通貨FXも可能なためレバレッジ5倍での取引から最...
ビットバンク評判!ビットコイン・アルトコイン購入おすすめ取引所とは
ビットコイン・アルトコイン・オルトコインの違いがわかりますか? その取引をする上で「何が大事」か。 それは、取引をする場の手数料や...
QUOINEX(コインエクスチェンジ)評判!ビットコイン&イーサリアムの仮想通貨取引所とは
QUOINEXの読み方は「コインエクスチェンジ」ですね。 ビットコインとイーサリアムの取引が可能な仮想通貨取引所になります。 対応通貨...