歯医者さんにも聞いた覚えておきたい歯磨きのたった2つの基本!

歯医者さんにも聞いた覚えておきたい歯磨きのたった2つの基本!

ネット上にも歯に関しては溢れかえるぐらいの情報があります。

ですが歯磨きにおいて絶対に実践しておきたい事はたった2つまでに絞れます。

ぜひ、実践して健康な歯で食事を楽しんで行きましょう。

スポンサーリンク

収入源を確保したら自分に還元【歯のケア】

料理-笑顔-歯

生涯付き合う事になる身体です。本業で稼ぐにしても、お小遣いや副業などで稼ぐにしても健康な身体があってこそです。

お小遣い稼ぎ、副業などで余裕ができる前から手入れはしておきたいものです。

特に歯は大事です。最終的に入れ歯となった場合ですら、手入れという手間が掛かってきます。

現状の健康の歯に手間を掛けて手入れをするのが良いのか、手遅れとなり入れ歯などになってから手入れをするのか。

どちらが良いかは明白です。

早いか遅いかの違いだけでなく、歯は脳とも関係があります。物を噛む。それだけで脳への刺激となります。

更に、歯の喪失を防ぐ事は、認知症の発症予防、進行抑制にも繋がる事も期待されています。

人口の歯ではない、自前の歯が多いほど記憶力が高い、つまり歯が多ければそれだけ脳に送られる信号が維持されるとも言われています。

入れ歯などになってしまうと自前の歯ほどは刺激が期待出来なくなる。

出来るだけ健康かつ頭の回転は維持したままで居たい人は、やはり健康な歯の維持も大事といえます。

何より、食事と歯の関係性を考えれば美味しく食べれる環境を維持し続ける事にもつながります。

下手に歯を削れば一生元には戻りません。信頼の置ける歯医者を探す手間と労力に時間を掛けるのも大事ですが、普段のケアこそが一番大事と言えます。

何より、歯に関して悩まなくて済むのが一番大きいメリットと言えます。

【本編】歯医者にも聞いて実践している歯を維持する大事な要素

指-3本立てる

  • ブラッシング(歯磨き)
  • デンタルフロス(歯と歯の間)
  • デンタルリンス(うがい)

このうち絶対にしておきたいのは、たった2つ!ブラッシングとデンタルフロス(歯と歯の間)です。

だいたいの人が基本やっている事と言えば、歯磨き粉を付けた歯ブラシによる歯磨きかと思います。 

基本中の基本にして絶対にしておきたい歯磨き【基本1】

女の子-歯磨き

歯ブラシで磨く。それこそ基本にして絶対です。

世の中には歯磨きしてないのに虫歯にならない人も居ますが、97%の人は虫歯になる体質であるとも言えます。

5分以上しっかり磨ける人は良いですが、なかなか歯磨きオンリーで毎日食後に5分は苦痛でもあります。

そして食後すぐ磨くのはだめ、30分経ってからなどもありますが歯医者さんに聞くとすぐでもOKとの事。

後は寝起きすぐもご飯食べても食べてなくてもした方がいいという事です。

要は普段から長いことしっかり磨けてる人なら上記の方法もOKですが、最近気合入れて磨こうって人の場合は虫歯になるリスクを30分間常に作ってる事にもなります。

歯磨きが習慣に身についていない全然な方はすぐに実践していきましょう。

気になる30分以内はOK理由は虫歯!NGなのは酸蝕症の人だけ?

男性-虫歯

  • 30分以内NG理由はアメリカの実験データ(酸蝕症の人は)
  • 30分以内OK理由は「虫歯になりやすくなるから」

OKもNGも大前提として歯磨きをするという事です。

個人的には特に習慣になっていない人が30分も時間をあけたら、忘れてたしまた今度やろうってなるのが目に見えています。

知れば知るほど気になる歯磨きですが30分以内に関しては、もう虫歯になりたくないならすぐやる!

コレに尽きます。

日本子児歯科学会でも、食後の歯磨きについては早めに歯磨きして歯垢と細菌を取り除くほうが重要としています。

歯ブラシもしかして1ヶ月で交換するぐらい毛が開いてませんか?

歯ブラシ

よく磨きすぎている可能性があるでしょう!それは本当に正しい歯磨きですか? 

ソフトでも圧と動きが正しければ6ヶ月ぐらいは毛が開きませんという話です。ですので一番は正しい使い方を覚える事です。

  • 小刻みに1~2本ずつ丁寧に磨く(力を入れ過ぎるのはNG)

この辺りは、実際に歯医者に行っての指導&定期検診でよく磨けている評価を貰えるぐらいになっていれば良いですね。

ただ、歯ブラシ自体が雑菌の温床になりやすいという話も聞くため、2-3ヶ月か、安い歯ブラシであれば1ヶ月ペースかそれ以内が良いんじゃないかと思います。

歯ブラシ自体の寿命目安は毛先が開いたら換え時とおぼえておきましょう。

歯医者に行くコストや、歯ブラシを買い換えるコスト、それに一生ものの歯と、使い捨ての歯ブラシどちらを優先すべきかは考えるまでもありません。

デンタルフロスでプラーク除去!歯磨きにプラスで重要【基本2】

デンタルフロス-ホルダータイプ1

歯磨きも大事だけど、デンタルフロスは追加でやるべきほど重要

歯磨きだけでも、デンタルフロスだけでも足りない。両方やるべきものです。

実は驚く事に虫歯の90%は歯と歯の間からできているという事実を知っていたでしょうか?1日3回歯磨きしてるのにデンタルフロスはしていないって方はいませんか?

単純な歯磨きだけでは、どうしても歯と歯の間の磨き残しが発生します。

1日1回ペースでもデンタルフロスをしてるしてないは、やはり差が出てくると思います。現在通ってる歯医者さんからは最低1日1回ペースでとメッセージを頂きました。

これは、虫歯というものが歯と歯の間から90%できています。普通の歯ブラシでは除去しきれない箇所です。

そこで、デンタルフロスの出番になります。

歯磨きだけじゃ思ってる以上に磨き残しというか歯と歯の間に残っているものです。

初心者の方は糸だけのものよりかはY字型のものをオススメします。こちらの方が手軽に出来ますし面倒くさくないのが良いですね。

続けることが大事なため、年間の中の一瞬凄く磨けても続けられなければ意味がありません。

しっかり磨くのも大事だけど、一番なのは継続性です。ぜひ続けて健康な歯を維持しましょう。

デンタルリンスも大事だけどあえてしない選択肢

デンタルリンス-うがい

フッ素大量の歯磨き粉を使いしっかい歯磨き!そしてすぐにデンタルフロスで完了。

実に完璧かと思ったのですが、歯医者の指導でしっかりうがいはせず、あえて歯磨き粉の余韻を残すべきと教わりました。軽くゆすぐぐらいでOK!

正確には口の中を水で全て洗い流してしまうのは勿体無いという事です。

そういう意味でも、デンタルリンスはどちらかというと絶対に必要というわけではないので、気になる方はやっても良いと思います。

私はデンタルリンスはやっていません。

なぜ歯磨き系記事を書こうと思ったのか

げん玉で副業を目指す第一歩。紹介記事でお小遣い稼ぎ

歯茎が痛くなり歯医者に行く事となりました。

結果、炎症が起こっていたり歯茎から血も出やすかったり磨き残しであるプラークなど歯石取りをして行きました。

これらも数ヶ月を掛けてしっかり治して行く結果となりました。現在は歯医者からも歯周病リスク0評価を得ました。

私の場合は、今年3~4月頃から通い7月頭には、磨き残しなし、歯石なし、歯茎の発赤・出血・腫れなし!とよく磨けている評価をいただけました。

ただそれまでの間幾つか自分の歯と歯茎と闘う場面はありました。

まず、きちんと歯磨きしてるつもりでも磨き残し、そして歯ブラシが歯茎に当たると痛い箇所があったりしました。

これは逆に磨きすぎという評価となりました。こうした修正を繰り返しつつでしたので歯みがき等で心配な方はまず歯医者という最新の専門知識と多くの人の口をチェックしてきた現場知識がある専門医に聞く事を本当オススメします。

実際口の中の写真を撮って見比べてみると初めの頃とくらべて実に違いが分かるぐらい腫れの引きや、歯茎の引き締まりなどが見て取れました。

歯石取りも麻酔が必要かどうか聞かれましたが、コレに関してはなしでいきました。実際使う人も居るようですが、痛みに弱すぎる、状態がひどいでもない限りは大丈夫かと思います。

この辺りは歯医者と相談しつつが良いでしょう。

こうした記事が出来上がるまでに、通う回数も多くなり費用は掛かりましたがこれ以降は定期検診となり経過観察となりました。

通ってて思ったのが、やはり行く回数が多ければ多いほどコストと時間が消費されます。これらは毎日のブラッシングをしっかりやれば、数ヶ月、または年1回ぐらいまでにコスト減と余計な時間を減らす事が出来ます。

何より歯に関して悩む時間がまったくなくなるのが大きいですね。

記事は書きたいけど、歯が痛いから先にそっちを調べる。

なぜ痛いかなんかネット上には散乱していて、歯茎の腫れの収め方、虫歯かもしれない、虫歯ならC0~C4まである。虫歯は治る治らない。

こういった悩みも歯医者に行けば全て短時間で一発です。聞きたいことは専門家に直接聞くのが一番速いですね。

自分自身で調べるのは大事ですが、お金の使い所もまた大事です。

まさしくお金と自分で調べる時間短縮になります。更にケアまでしてくれるのですから、早め早めの行動を心掛けていきましょう。

歯医者さんにも聞いた覚えておきたい歯磨きまとめ!

ポイントサイト「Gamoney(ゲーマネ)」のまとめ

  1. 【基本1】毎日ブラッシング!推奨は食後毎(最低1日1回)
  2. 【基本2】デンタルフロスは重要、最低1日1回(その日最後の食後に)
  3. 出来れば寝起きすぐもした方が良い
  4. 30分以内は関係ない、虫歯になりたくない人は食後から
  5. 歯磨きの時間はお小遣い稼ぎの時間にする!(後編参照)

稼ぐために重要な事は「稼ぐために時間を消費」するという事です。

ソレ以外の時間を取られるという事は、稼ぐための時間が減るという事に繋がります。まずは、自分自身の悩みの種たる「歯」の問題を解決しましょう。

歯磨きは、ほぼほぼ毎日1~3程度やるのが普通かと思います。推奨は食後毎でしょうが、早々それを実践できてる人は少数派にまで落ちるでしょう。

ですので1日1回だけでも歯磨きはもちろん「デンタルフロス」も組み合わせてする事で、虫歯リスクを抑える事が出来ます。

今回歯磨きの基本を知った所で「歯磨きの時間をお小遣い稼ぎの時間」に変える方法はこちらをどうぞ

歯磨き貯金!歯医者では学べない毎食後の歯磨きの時間でお小遣い稼ぎ
もし歯磨きをすればするほど、メガバンクに100万円を預けても金利0.001%なら10円にしかならない時代に、お小遣い稼ぎが出来て放っておいて...

実際に出した費用に関しても、全てポイントサイトからの収入で賄いました。気になる方は一番オススメのサイトをどうぞ!

無料コンテンツの質・量を兼ね揃えているコンテンツの帝王ポイントタウン!
最低換金額が100円なので、初心者に優しいポイントサイトです。
ポイントタウンの攻略・評判まとめ情報
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

今年おすすめのポイントサイトのランキング!
あなたに一番合うポイントサイトが見つかること間違いなし!
ポイントサイトのランキングまとめ特集!