Airペイ評判とは!電子マネーやクレジットカードにApple Pay決済が出来るようになる!

airpay-matome (1)お金・節約術

リクルートライフスタイルが運営するAirペイです。

「カード使えますか?」

「電子マネー使えますか?」

「スマホ決済使えますか?」

といった事を1度でも経験した事があるのであれば、それは将来のリピーターになりえた人であったかもしれません。

ぜひ、1度Airペイがどういったものかを知ってお得に決済手段を増やしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Airペイとは

Airペイ
運営会社株式会社リクルートライフスタイル
公式サイトAirペイ
初期費用実質0円
※キャンペーン期間中
月額固定費0円
決済手数料3.24%~
※業界最安水準
審査
審査期間1週間程度
※契約情報でも状況確認が可能
入金サイクル月6回
指定金融機関以外は月3回
対応決済手段クレジットカード
電子マネー
Apple Pay

世の中決済サービスは非常に多岐に渡ります。

そんな中リクルートという十分な社会的信用性があるグループ会社が運営しているのがAirペイとなります。

 

  • Airペイがスマホ決済サービスとして初

6つの主要な国際ブランドカードと交通系電子マネーがスマートデバイスと専用のカードリーダー1台で決済できるのは実はAirペイが初です。

 

 

現金以外にどういった決済が存在するか知っているでしょうか?

  • クレジットカード
    • Visa
    • Mastercard
    • JCB
    • AmericanExpress
    • Diners Club
    • Discover
    • といった主要国際6ブランド
  • 電子マネー
    • Suica
    • PASMO
    • icoca
    • nimoca
    • などなど
  • Apple Pay

といった中から更に細かくそれぞれ見ていくと様々な支払手段が存在する事が分かります。

 

特に世の中に存在する電子マネーの種類であればおそらく誰も把握しきれていないでしょう。

それほど「現金以外の支払手段なら支払うのにな」という人はその人の数だけ存在します。

 

それと同時に「対応端末は出来るだけ少ない方」が当然便利です。

これこそ「Airペイ」を導入する大きな理由となるでしょう。

 

そしてまず導入するかどうかの決め手の一つに「市場規模」もあります。
つまり「クレジットカード・電子マネー・Apple Pay」の利用者ですね。

 

 

 

クレジットの発行枚数について

まずクレジットカードの発行枚数というのが既に何枚か知っているでしょうか?

日本クレジット協会を参考にすると、平成28年3月段階で20歳以上の総人口1億492万人に対して2億6,600万枚となっています。

つまり一人2.5枚は所持している計算となります。

それほどまでにクレジットカード決済での導入価値というのは大きいものとなります。

そしてAirペイであれば対応しています。

 

 

 

電子マネー決済件数と決済金額の推移について

https://www.boj.or.jp/statistics/set/kess/release/2017/kess1701.pdf

だいたい2014年時ですら

決済金額4兆140億円

決済件数40億4,000万件

となっています。
これは総務省の発表ですね。

ただIC型電子マネーのうち、専業系(楽天Edy)、交通系(ICOCA、Kitaca、PASMO、SUGOCA、Suica)、小売系(nanaco、WAON)が対象という事なのでAirペイの場合は交通系がメインのためその辺りには気をつけましょう。

しかし、種類的に見ても交通系が主力に思えます。

2016年には初の5兆円台かつ、16年は50億円突破です。

こうした「成長をし続けている」というのがとても大事です。

今取り入れないという選択肢はこの規模の流通額を常に取りこぼしているという事につながります。

 

 

 

Apple Payも可能という将来性

一番新しいのがApple Payですね。
これは流通が今後広がるという段階です。

iOS系列で利用する事が出来るいわばアップルユーザーの取り込みが可能となります。

2017年はAndroidがOSシェアにてWindowsより多いとなったという話は聞いたことがあるかと思います。

しかし、日本でのiOSシェアは「世界と比較してかなり高い」です。

日本だと

smart-fon-ma-kett

  • Androidシェア49.0%
  • iOSシェア49.0%
  • Windows1.5%

と、圧倒的にAndroidが高いどころか「拮抗」しています。

ちなみにWindowsのシェアが低いのはあくまでスマートフォンでのOS比較だからになります。

USAの場合は

  1. Android 56.4%>
  2. iOS42.0%>
  3. Windows1.3%>
  4. Other0.2%>
  5. BlackBerry0.1%

という結果になります。

なぜか「日本だけiOSシェアが高い」というのがPOINTです。

海外ではAndroidが安いから使うというのがPOINTです。
特に米国だとiPhoneは裕福層の中階級向けであります。

ここでだんだんとApple Payの利点が見え始めてきたように思えないでしょうか?

日本ではAndroidってそこまで安くはないですよね。

 

同じ価格帯なら「iPhone」というブランドに惹かれるというのが大きいです。

iPhoneユーザーは熱心なファンが多い印象を持ちます。

これはAndroidとiPhone両方を使った人でどちらを勧めるかで言えばiPhoneが多い結果となっています。

こうした長く愛用する率が高いのと、海外旅行客も視野に入れるのであれば高単価が期待出来る点にも注目でしょう。

海外でも例えばApple Pay決済は台湾でもスタートしていたりもします。
つまり近隣の国からのお客さんもApple Pay決済が出来る人が増え続けているという事です。

 

更に2017年下半期からマクドナルドでも利用可能になったり、Yahoo!JAPANカードが対応になったりと、日本・海外問わず広まり続けています。

こういった世界的に伸びているため、取り入れないよりも取り入れたほうが効果は出るでしょう。

 

 

 

決済手段の対応状況

では、あなたのライバルとなりえる可能性のあると例えば「飲食店系経営者・運営者」の導入状況などもチェックしていきましょう。

調査対象:飲食店.COM会員(飲食店経営者・運営者)
回答数:207名
調査期間: 2017年10月17日~2017年10月22日
調査方法:インターネット調査

クレジットカード導入は「70%を超えるが、電子マネーの導入は約13%に留まっています」

  • クレジットカード(72.9%)
  • 電子マネー(13.5%)
  • Apple Pay(4.8%)
  • 銀聯カード(21.3%)
  • いずれも対応していない(27.5%)

良くある「他が入れたから自分も入れよう」は出来るだけ避けたい所です。

入れるだけの理由として、「カードからの売上の割合で最も多かったのは10-19%」となっています。

次に30-39%でとなり、3番手には~9%ですね。

そして重要なのが「客単価が高いほどクレジットカードからの売上の割合が多くなる」という傾向が見られたようです。

これは考えればお分かりの通り「現金を大量に持ち運ぶ人は少数であり、多くの人はクレジットカード決済に頼る」のが普通です。

そして実際に導入した具体的なメリットにも焦点を当てます。

  • <機会損失の削減>
    • WEB検索次点で「除外されるリスクの軽減」
    • 顧客ニーズ対応、導入しないデメリット
    • 今は単価にかかわらずカードが必須の時代
  • <法人、宴会需要の取り込み>
    • 接待や社用需要
    • 会社のカードを使うお客様にクレジット支払い
    • 団体になると金額が大きくなる
  • <客単価の向上>
    • 客単価の高いゲストが増える
      • クレジットカードだからこそ上限を気にせず買ってしまう
    • 予想以上の会計に対応が出来る
      • 上記と合わせて「ちょっと高くてもクレジットだしとなる」
  • <会計時間の短縮>
    • 会計スピードが早い
    • 会計がスムーズ、小銭を扱わなくてよくなる
    • クレジットカード決済の方が、商品受け渡し時に、お客様・お店ともにお釣りの用意などの手間がかからなくてよい
  • <インバウンド需要の取り込み>
    • 外国人観光客のお客様の支払いがクレジットカードである場合が多い
    • 外国人のお客様に喜ばれる

と言ったことを挙げています。

やはり「需要」に対応する、HPがある場合「クレジットカード対応」と記載情報があれば、不安なく利用も出来て良いですね。

飲食店リサーチ:https://www.inshokuten.com/research/company/

 

 

 

Airペイのオススメ理由

  1. 端末の置き場所に困らない
  2. 導入費用がかなり抑えられる
  3. 従業員への教育面のしやすさ
  4. 契約手続きが面倒ではない

手のひらサイズの専用カードリーダのため、場所に困る事はないですね。
更に費用も実質0円にする事が出来ます。

端末操作自体も簡単なのはメリットです。

 

 

ただ、1番推したい部分がどこかと言えば私は「運営会社」であると言えます。

 

正直どれだけ安くて良いものと言われても「会社が信用出来なければ話になりません

では、Airペイの運営会社を改めてチェックすると、「株式会社リクルートライフスタイル」となります。

会社HP

リクルートライフスタイル

設立2012年10月1日
資本金1億50百万円
本社所在地
代表番号
2016年3月期取扱高1,560億円
ライフスタイルの従業員数2,846人
提供サービス30程度
ホットペッパーなど
社長メッセージ
社長の顔写真
社長の一人称
役員紹介顔写真:有
メッセージ:有
経歴:有

リクルートという事で正直ここまで調べる必要性は薄いとは思います。
いわば社会的信用性が元々高いため、石橋を叩いて渡るような確認でした。

 

ですので、そういった会社基盤があると分かっている場合、私が重視するのは「社長の顔写真や役員情報までしっかりと載っているか」という点です。

要はトップが見える会社と見えない会社であればどっちと取引をしていきたいかです。

 

これはデータで「顔写真なしよりも有の方が株価を比べた場合、上である」といった結果が出ていました。

リーマン・ショック後のホームページの顔写真の有無による株価傾向がそれを示しています。

 

一人称もそうです。
私というのは「当事者意識」という面を見ても、弊社といったものよりも強いです。

そして、逆に出すぎていないかも注目です。
例えば社長がブログを更新ばかりしている状態はどうでしょうか?

本業大丈夫なの?
という気持ちにもつながります。

著名な企業となればそういった心配も薄いですが、気をつけてみて下さい。

 

ここまでチェックして分かるのは、リクルートはしっかりとした情報を出してくれている点です。

プレスルームを見ても分かる通り2017/4/6時点で

  • 2017/4/3には「Airペイ」のプレスリリースが載っています。
  • 2017/4/5には「モバイル決済 for Airレジがビットコインに対応(2017年夏頃)

という情報もわかりました。
こうしたしっかりとしたリリース情報も当然ではありますが、調べればしっかり出てくる企業が運営してくれているのが「Airペイ」の強みですね。

これはサポート対応が期待出来るという部分も大きいです。
後はAirペイ自体が「あなたにとって有用かどうか」を判断するだけです。

1番は公式動画を見ると分かりやすいですね。

 

 

 

  • Apple Payといった取扱の幅の広さ

Apple Payを見ても分かる通り「ニーズ」をしっかりと取り入れていってくれているという点です。

今後「新しい決済手段」が増えた時、Apple Payを取り入れてくれている所はどれだけあるでしょうか?

少なくともAirペイは既に取り入れているという魅力があります。

手数料に関しては1度こちらをチェックしてもらうのが良いでしょう。
本当に業界最安水準かがひと目でわかります。

特に月額固定費がないのが大きいですね。

 

 

 

  • 端末が実質0円になるキャンペーンを開始している点

基本的にカードリーダー代として19,800円の支払いが必要です。

しかし、キャンペーン期間中は、その金額が実質0円となります。

もちろん条件もありますが、「審査通過月を含め6ヶ月以内にAirペイを使って6万円以上の決済」です。

月1万円以上の決済をする所であれば比較的簡単であると言えます。
この時の注意点としてはあくまで1台分のキャッシュバックですね。

詳しくはこちらをどうぞ。

 

 

 

Airペイなど決済手段のデメリットを考えてみる

正直決済手段の幅が広がりすぎて「ついていけない」という点です。
例えばAndroid端末に対応していないという部分はデメリットの一つかと思います。

 

ただ1番厄介なのは、クレジットカードが使えるのに「ある国際ブランドだけ使えないパターン」です。

これ使えると思って1度でも通してエラーになった場合の心象は最悪です。

逆に言えば「他の部分を端末1台でこなせる」というのがAirペイの最大の強みでしょう。

既にカード決済導入していて一部の国際ブランドに対応していないのであれば切り替えというのも選択肢の一つですね。

 

しかし、1番の導入によるデメリットといえばやはり「コスト」ですね。
最初に高いお金が必要だとやはり躊躇します。

といっても業界最安水準のため、それより高い所と比べればオススメです。
端末自体もキャンペーン利用で実質0円となります。

 

ではなにかといえば「利用に対する教育時間といった人的コスト」です。
操作が複雑であればあるほど覚えたバイトが辞めたら、1から全て覚え直し…。

この辺りは、Airペイであるならば、ある程度ラクに覚える事が出来るという点は非常にコストを抑えられる要素かと思います。

本当に?と思ったあなたは「説明書無しで使える」と言っているココを要チェックです。

 

 

 

Airペイまとめ

公式サイト:Airペイ

Airペイであれば、ほとんどの決済手段に1台で対応できます。

私も支払い方法はいくつも持っています。
むしろ現金で支払う事が少ないです。

これは「クレジットカード」や「電子マネー」といったものの方が通常の現金支払いよりも「お得であると賢い消費者」は知っているからです。

 

そんな賢い消費者は似たお店、似た場所、そして現金のみか、現金以外にも決済手段があるかで言えば「最後は支払い方法で決める」という人も居るでしょう。

私も経験がありますが○○ポイントが貯まりやすいからここで買い物しておこうかなという選択肢は当然ありました。

 

特にAirペイ導入利点で言えば「あなたは本業に集中出来る」というのが大きいです。

正直決済手段の方法で悩むのであればAirペイをまずテスト導入してみて結果を見たほうが良いでしょう。

こればかりは様々なケースが想定されます。

しかし、現状において

  • クレジットカード決済
  • 電子マネー決済
  • Apple Pay決済

これらは既に主流となっています。
そして今後どんどん流通額と決済数は増えていく事になるでしょう。

是非ともその事を念頭において「リクルート」という信頼性の高い運営会社を利用していくというのが1番大事です。

特に決済手段で利用するため、安全性・信頼性を重視しつつ選んでいきましょう。

支払手段においても顧客ニーズに答える事こそ、リピーター確保のコツの一つです。

 

 

無料コンテンツの質・量を兼ね揃えているコンテンツの帝王ポイントタウン!
最低換金額が100円なので、初心者に優しいポイントサイトです。
ポイントタウンの攻略・評判まとめ情報
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

今年おすすめのポイントサイトのランキング!
あなたに一番合うポイントサイトが見つかること間違いなし!
ポイントサイトのランキングまとめ特集!

コメント