累計ポイント還元額15億円以上の「ちょびリッチ」オススメ交換先とは

累計ポイント還元額15億円以上の「ちょびリッチ」オススメ交換先とは

運営年数も実に10年以上のちょびリッチです。

ポイントサイトとしての信頼性も高いですが、何より豊富な交換先によりどれにしようか迷ってしまう。一番お得な交換先でポイントを交換したいという方は要チェックです!

スポンサーリンク

ポイントサイト「ちょびリッチ」とは

ちょびリッチ公式バナー

ちょびリッチ公式バナー

 ポイントサイト:ちょびリッチ

累計登録者数も伸びに伸び300万人が見えてきているちょびリッチ!

ポイント還元額も15億に運営自体も10年を突破しているポイントサイトでもあります。

実はマスコットキャラのちょびんくんは、あのゆるキャラ®グランプリにもエントリーしていたりもします。

おそらく2013年頃から参加しており、2015年の順位も1724体中1668位と大健闘!?

順位はともかくとして、ポイントサイト系列でゆるキャラグランプリに参加出来ているのはちょびんくんぐらいかと思います。

こうした地道な活動から、しっかりとユーザーへのポイント還元もできているちょびリッチを詳しく知りたい人はこちらもどうぞ

関連記事:ちょびリッチ評判評価口コミまとめ!毎月3000円稼ぎたい人必見

ちょびリッチの交換先一覧

更新日:2016/05/14

交換先

交換レート
(2P=1円)

手数料 交換予定日
現金に交換する
住信SBIネット銀行 1,000P=500円 0円 3営業日以内
(土日祝除く)
楽天銀行 1,000P=500円 同上 同上
ジャパンネット銀行 1,000P=500円 同上 同上
ゆうちょ銀行 1,000P=500円 150円 同上
その他金融機関 1,000P=500円 150円 同上
電子マネーに交換する
Amazonギフト券 1,000P=500円 0円 リアルタイム
WebMoney 1,000P=500円 0円 リアルタイム
楽天Edy 1,000P=500円 0円 リアルタイム
ビットキャッシュ 1,000P=500円 0円 リアルタイム
ちょコム 1,000P=500円 0円 翌日
カエトクマネー 1,000P=500円 0円 リアルタイム
nanacoギフト券 1,000P=500円 0円 3日後
iTunesギフトコード 1,000P=500円 0円 リアルタイム
Mobageモバコインカード 1,000P=500円 0円 リアルタイム
NET CASH 1,000P=500円 0円 リアルタイム
ニッセンお買物券 1,000P=500円 0円 15日・末日で集計
後、2週間以内
ビットコイン 1,000P=500円 0円 リアルタイム
ポイント・マイルに交換する
JALマイレージバンクのマイル 800P=200マイル 0円 15日・末日で集計
後、2週間以内
ANAのマイル 800P=200マイル 0円 申請月の
翌月25日頃
Pex 1,000P=4,500P 0円 リアルタイム
ベルメゾン・ポイント 1,000P=500円 0円 10営業日以内
(土日祝除く)
ビックネットポイント 1,000P=500円 0円 15日・末日で集計
後、2週間以内
Tポイント 1,000P=500円 0円 約15日以内
ちょびコイン 1,000P=500円 0円 リアルタイム
ドットマネー 1,000P=500円 0円 リアルタイム
ギフト券に交換する
マックカード 1,200P=500円 0円 2週間程度
全国共通図書カード 1,200P=500円 0円 2週間程度
その他のものに交換する
ちょびリッチ goods グッズによる 0円 2週間程度
他サイトからちょびポイントに交換する
アプラスとっておきポイント 200P=2,000P 0円 交換手続きの
翌月末頃

現金・電子マネー・ポイント・マイル・ギフト券など様々な交換先が用意されているちょびリッチです。

交換先に関しては更新日以降新しく追加されるものや廃止されるものもあるかと思いますので詳しくは公式サイトでチェックしましょう。

現時点でもかなり選択肢が用意されていますが、私が交換するのであれば3択まで絞れます。 

ちょびリッチのおすすめ交換先

 現金も手数料無料であり、初回交換に指定されています。

2回目以降のオススメ交換先としてはやはり

  • 現金
  • ドットマネー経由
  • Tポイント

となります。

1番の安牌はやはり現金です。使い道に困るという事もありません。

ちょびリッチは現金の交換が手数料無料!

 これには理由があります。現金に関しては説明するまでもなく間違いなく安定した交換先です。

何よりちょびリッチではネット銀行を指定すれば、実にお得に交換出来ます。

  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • ジャパンネット銀行

この3つは他のポイントサイトでも、手数料無料や手数料が安いなど優遇されている場合が多いです。

ですのでポイントサイトをやるのであれば、間違いなく1つは持っていた方が良いでしょう。

そして、それぞれの銀行はポイントサイト経由が用意されています。つまり、銀行を開設するだけでお小遣い稼ぎが出来てしまうわけです。

より詳しい銀行の情報が知りたい方はこちらもどうぞ

関連記事:住信SBIネット銀行の評判・口コミから見るオススメ理由とは
関連記事:【ネット銀行】楽天銀行を誰よりもお得に口座開設する裏技
関連記事:ジャパンネット銀行評判!おすすめネット銀行で誰よりもお得に口座開設

ドットマネー経由が一番オススメ理由とは

そして一番オススメなのはドットマネー経由です。こちらに経由する事でだいたい毎月5%分プラスしてポイント付与されます。

つまり10,000円分稼げば更に500円追加してくれるというわけです。これはドットマネー側のキャンペーンですが、ちょびリッチがないと成立しませんのでどちらもアカウントを持っていた方が断然お得です。

最近は毎月実施していますが、キャンペーン内容そのものが変わる可能性もありますので、毎月確認しておきましょう。

ドットマネーはあのサイバーエージェント(上場企業)運営ですので安心度合いは高いです。更にそこから現金やTポイントに交換出来ますので、面倒という方以外はドットマネー経由推奨です。

関連記事:Ameba(アメーバ)の「.money(ドットマネー)モール」とは

最近注目のTポイントのオススメ理由とは

割と最近注目しだしたTポイントです。

これはyahoo!ショッピングやロハコ、ファミマなどで使い道がある共通ポイントです。

ただ、それだけであれば現金の支払いもTポイントの支払いも差というのはほとんどないでしょう。

しかしながら、あるお店でTポイントを使うことで実質1P=1.5円で使う事が出来ます。

そのお店はウエルシアという薬局店が近くにあれば20日限定でTポイント支払いの場合だけ100P以上で1.5倍のポイント分として支払いが可能となります。

つまり100Pであれば150円分まで、1,000Pなら1,500円分までと実質33%OFF前後の買い物が楽しめちゃいます。

 関連記事:Tポイント使い道完全解説2016年版!目指せTポイントマスター!

ちょびリッチのおすすめポイント貯め方

オススメの交換先は分かったけどどうやってポイントを貯めるのか。

それは非常に簡単です。

  • 広告利用
  • 無料コンテンツ

他にもありますが、基本的にはこの2つさえしっかり抑えれば毎月換金は十分可能と言えます。

広告利用や無料コンテンツと一口に言っても色々と用意されております。

広告利用で言えば、

など利用しない手はないぐらい充実しています。

そしてちょびリッチにしかないコンテンツ「ちょびスロット」はスキマ時間が多い人にオススメしたいです。

パソコン版・スマホ版があり、両方毎日プレイし続けると毎月最大3,000円をこのちょびスロットだけで稼げるという破格具合です。

ぜひ、このポイントサイト界でも最優と呼べるちょびスロットを攻略してお小遣い稼ぎをしていきましょう。

関連記事:毎月最大3000円お金が貯まる「ちょびリッチ」の無料スロットでお小遣い稼ぎ

ちょびリッチのまとめ

交換先が多彩に用意されており、現金系もネット銀行さえ用意すれば手数料無料で現金化が可能です。

何よりドットマネー経由のキャンペーンさえ利用すれば、お得なレートでデメリット無しでポイント増量が狙えます。

Tポイントもウエルシアという使い方が出来れば、更にお得になるのは間違いなし。

ちょびリッチでの稼ぎ方も様々あります。

広告利用をメインにモニターや在宅ワーク系、無料コンテンツも多彩であり、ちょびスロットはもちろん、ちょ日新聞を毎日チェックすれば実は最大10万円チャンスも毎日生まれ続けます。

最近のちょびリッチ自体には勢いもありますので2016年更に期待出来るポイントサイトで一緒にお小遣い稼ぎから副業までやっていきましょう!

楽天市場なら最大40%還元!他にはない最優コンテンツ「ちょびスロット」で
一緒に毎月1,500円換金して行こう!
ちょびリッチの攻略・評判のまとめ情報
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

今年おすすめのポイントサイトのランキング!
あなたに一番合うポイントサイトが見つかること間違いなし!
ポイントサイトのランキングまとめ特集!